Newton Doctor
トップページへ
インフォメーション
ニュートンドクターについて
ご利用方法
ご利用規約
当サイトへの医院登録について
医院登録のお申し込み
医療求人情報
コンテンツ
ドクターアドバイス
メディカルニュース
からだと病気
検査数値あれこれ
最先端医療の世界
高度特別医療
大学病院リンク
検査数値あれこれ

GPTの値と注意信号

GPT:グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ
(ALT:アラニンアミノトランスフェラーゼ) 単位:IU/リットル
/37℃(GPTの量を1リットル中の国際単位で示したものです)

6〜43 正常値。正常値より低くても問題ありません。
100以下
(軽度の増加)
ウイルス性慢性肝炎、肝硬変、肝細胞がん、脂肪肝で多くみられる数値です。自己免疫性肝炎、薬物性肝炎、閉塞性黄疸の可能性もあります。
100〜500
(中等度の増加)
ウイルス性慢性肝炎で多くみられる数値です。自己免疫性肝炎、急性アルコール性肝炎、薬物性肝炎、脂肪肝、肝炎ウイルス以外のウイルスによる急性肝炎、閉塞性黄疸、原発性胆汁性肝硬変などの可能性もあります。
500以上
(高度の増加)
ウイルス性急性肝炎(極期)、ウイルス性慢性肝炎の急性増悪で多くみられる数値です。急性アルコール性肝炎、薬物性肝炎、肝炎ウイルス以外のウイルスによる急性肝炎、総胆管結石の可能性もあります。
1,000以上
(高度の増加)
ウイルス性急性肝炎(極期)、ウイルス性慢性肝炎の急性増悪で多くみられる数値です。劇症肝炎、薬物性肝炎、虚血性肝炎(ピーク時)の可能性もあります。


コラム

 〜 国際単位 〜

 健康診断などで血液中の物質を測るときには、多くの場合その重さを測ります。しかし、γ-GTP、GOT、GPTなどの酵素は直接重さを測ることができません。酵素は、Aという物質をBという物質にかえる触媒のはたらきをもっています。そこで、酵素の検査では、酵素の量そのものを測るのではなく、酵素のはたらきを測るのです。つまり、決められた時間内にどれくらいの量のAという物質がBという物質にかわるかという活性を測ります。酵素を測るときの単位は、国際単位を使います。37度Cで、1分間にAという物質1モルをBという物質1モルにかえる活性が1国際単位と決められています。


BACK


sub_footgrd2.gif
NEWTON SEARCH
都道府県(地域)
診療科目
病医院名
医師名
sub_srch_quick.gif

ナビゲーション
(C) Newton Press

NewtonNewton Sanseido Net Book ShopNewton電子出版

身体の症状・病名からさがす 地域・診療科目からさがす こだわり条件からさがす プライバシー&セキュリティーポリシー 運営元について サイトマップ お問い合わせ