Newton Doctor
トップページへ
インフォメーション
ニュートンドクターについて
ご利用方法
ご利用規約
当サイトへの医院登録について
医院登録のお申し込み
医療求人情報
コンテンツ
ドクターアドバイス
メディカルニュース
からだと病気
検査数値あれこれ
最先端医療の世界
高度特別医療
大学病院リンク
検査数値あれこれ

検査結果が正常範囲にあれば本当に安心してよいのでしょうか? 異常値の場合、どんな病気の可能性があるのでしょうか。『Newton』別冊「からだの通信簿 新訂版」に掲載されている「検査数値を自分でチェックしよう」の中から毎回1コーナーずつご紹介していきます。

<第7回> アミラーゼ
アミラーゼは唾液腺や膵臓から出る消化酵素ですが、上昇する原因の多くは膵炎です。
<第6回> LDH
この値が高いときには全身のくわしい検査を。白血病などの白血球の悪性腫瘍、その他のがんのときにLDHの値が高くなります。
<第5回> CK
心筋梗塞の検査に便利。CKのアイソザイムを測ることによって、心筋梗塞の診断を行ったり、範囲を推測したりすることができます。
<第4回> ビリルビン
黄疸の程度をはかる。肝障害や赤血球がこわれる溶血がおきると、ビリルビンの値が高くなります。
<第3回> ALP
異常値で胆道や骨の病気を疑う。胆道の病気やがんの骨転移などで、ALPという酵素の値が高くなります。
<第2回> GOT(AST)・GPT(ALT)
肝臓が心配な人は注目。どんな原因であれ、肝機能が悪くなると、GOTとGPTという酵素の値が上がります。
<第1回> γ-GTP
お酒の好きな人は注意。お酒の飲みすぎで肝臓が悪くなると、γ(ガンマ)-GTPという酵素の値が高くなります。


sub_footgrd2.gif
NEWTON SEARCH
都道府県(地域)
診療科目
病医院名
医師名
sub_srch_quick.gif

ナビゲーション
(C) Newton Press

NewtonNewton Sanseido Net Book ShopNewton電子出版

身体の症状・病名からさがす 地域・診療科目からさがす こだわり条件からさがす プライバシー&セキュリティーポリシー 運営元について サイトマップ お問い合わせ